コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生活の座 せいかつのざ Sitz im Leben

1件 の用語解説(生活の座の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生活の座
せいかつのざ
Sitz im Leben

聖書の批判的研究に際し,様式史的研究の立場が用いた基本的術語であって,聖書の各書が編集される以前,その基礎となった口伝伝承の文学的類型を規定した社会的な場をさす。初め H.グンケル (1862~1932) によって『創世記』や『詩篇』について,その伝承の諸類型とこれに相応する生活の座が探究されたが,R.ブルトマン,M.ディベリウスらはこの方法を新約聖書に適用し,福音書の諸伝承の単位部分が生活の座としての教会の礼典,訓育,宣教などの諸活動のなかで形成されてきたことを明らかにした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生活の座の関連キーワードコーサンビードッドもっと生態学的研究競争的研究費制度湯川制萌芽的研究《性の心理学的研究》《世界の批判的提示》《動物性脂肪体の化学的研究》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone