コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

訓育 くんいくdiscipline

翻訳|discipline

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

訓育
くんいく
discipline

知識の習得をおもな目的とする「教授」に対し,意志感情などを涵養して望ましい人格を形成することをおもな目的とする教育作用。知育に対する徳育に該当し,また「しつけ」の意味に用いられることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くん‐いく【訓育】

[名](スル)
教え育てること。「児童を訓育する」
豊かな感情と意思をはぐくみ、性格や生活習慣をより望ましいものにてる教育作用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くんいく【訓育】

( 名 ) スル
素質・習慣などをよい方に伸ばすように、教え育てること。 「能く其子女を-する者稀なり/明六雑誌 8
〘教〙 知識の習得を目指す教授に対して、児童・生徒の感情・意思・世界観などに関わる教育作用。広い意味の道徳教育。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

訓育
くんいく
discipline英語
ZuchtErziehungドイツ語

感情・意志・行為などに働きかけながら人格の形成を目ざす教育作用の一側面。性格形成、道徳教育と同義に用いられることもある。教授が知識や技能の形成を目的とするのに対して、育は、ひとりひとりの子供と全人格的に交わり、その子供の個性的特性に直接働きかけながら、訴え、訓戒、警告などを通して、道徳的な確信や行為能力や態度を身につけさせることを目的とする。そのためには、教師の人格的特性が決定的な役割を果たす。[森川 直]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

訓育の関連キーワード杉浦重剛(すぎうらしげたけ)ツール=ポアティエの戦いシャムシ・アダド(1世)ガールスカウトアンリ[4世]パーベル1世関東十八檀林ドビュッシーロベール2世池原 鹿之助笠原田鶴子真崎甚三郎伊東 要蔵安倍 喜平後桜町天皇教育方法学浦上 隆応改革派教会海軍兵学校ディダケー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android