宣教(読み)せんきょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「宣教」の解説

宣教 せんきょう

?-? 奈良時代の
東大寺の師僧。玄昉(げんぼう),行基(ぎょうき)とならび,法相(ほっそう)宗の義淵(ぎいん)七高足のひとり。天平(てんぴょう)15年(743)から天平勝宝5年(753)にかけて,正倉院文書としてのこる経疏(きょうしょ)目録などにその名をとどめている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「宣教」の解説

せん‐きょう ‥ケウ【宣教】

〘名〙 教えを伝え広めること。特に、キリスト教で、神から委託されるところの宣言を、すべての人に、権威をもって、述べ伝えること。布教
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉二「千八百二年アレキサンドル帝の世にを下だして国内宣教の法を設け」 〔柳宗元‐塗山銘〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の宣教の言及

【伝道】より

…仏教でもこの語を用いることがあるが,主としてキリスト教会,とくにプロテスタント教会の用語である。カトリック教会では布教あるいは宣教と呼ぶことが多い。キリスト教会では伝道を広狭両義で理解する。…

※「宣教」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android