コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

私民 シミン

大辞林 第三版の解説

しみん【私民】

貴族・豪族などに私有され、国家の直接の支配を受けない人民。日本古代の部民べみんなどがこれにあたる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の私民の言及

【私】より

… しかし,第2次世界大戦における日本の敗戦は,このような公と私の伝統的関係を大きく揺るがした。戦前の市町村制において〈帝国臣民タル年齢25年以上ノ男子ニシテ2年以来市(町村)住民タル者ハソノ市(町村)公民トス〉とされていた民衆像は,戦後の社会変動のもとで〈私民〉という民衆像によって取って代わられてきている。〈私民〉とは,国家権力に吸収され屈従させられるかたちで地域住民となるのではなくて,即自的な意味での私人の私生活中心主義の意識と消費者的主体性によって特徴づけられる地域住民の姿にほかならない。…

※「私民」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

私民の関連キーワード部曲(大和王権)民部(かきべ)甲子の宣公地公民大化改新律令制墾田領主食封貴族支配家部部民

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

私民の関連情報