コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家部/宅部 ヤカベ

デジタル大辞泉の解説

やか‐べ【部/部】

上代、豪族諸氏の私有民。律令時代の家人(けにん)の前身とする説もある。
民部(かきべ)―らの事を宣ふ」〈天智紀〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

家部
やかべ

664年(天智称制3)の甲子(かっし)の改革で設定された身分階層の一つ。663年8月の朝鮮半島白村江(はくすきのえ)での敗北後、翌年2月に発令された内政改革の一環として、民部(かきべ)とともに諸氏に設定された。その性格・意義については諸説があるが、大化改新後に公民化された民衆への私民的支配の復活や、また後の律令(りつりょう)制の帳内(ちょうない)・資人(しじん)的な従者の源流とみるよりも、なお広く残っていた諸氏の私民的支配に、国家権力による統制を加え、その認定・登録を図ったものとみるべきである。民部・家部は670年の庚午年籍(こうごねんじゃく)に載せられ、壬申(じんしん)の乱を経た675年(天武天皇4)以降に、民部よりも身分の低かった家部は、律令制下の氏賤(うじのせん)・家人(けにん)の身分に変化した。[野村忠夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

家部/宅部の関連キーワードモヌメンタ・ゲルマニアエ・ヒストリカ天智天皇(てんじてんのう)ジョゼ マルティネズ峯相記(ほうそうき)トーマス シュッテ飛鳥時代(年表)キム ヨンヒョン荘長(庄長)侍所沙汰篇今川大雙紙今川大双紙扶桑名画伝つんく♂織田哲郎長沢蘆雪商業資本伯家神道史籍集覧甲子の宣門割制度

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android