コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家部/宅部 ヤカベ

2件 の用語解説(家部/宅部の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やか‐べ【部/部】

上代、豪族諸氏の私有民。律令時代家人(けにん)の前身とする説もある。
民部(かきべ)―らの事を宣ふ」〈天智紀〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

家部
やかべ

664年(天智称制3)の甲子(かっし)の改革で設定された身分階層の一つ。663年8月の朝鮮半島白村江(はくすきのえ)での敗北後、翌年2月に発令された内政改革の一環として、民部(かきべ)とともに諸氏に設定された。その性格・意義については諸説があるが、大化改新後に公民化された民衆への私民的支配の復活や、また後の律令(りつりょう)制の帳内(ちょうない)・資人(しじん)的な従者の源流とみるよりも、なお広く残っていた諸氏の私民的支配に、国家権力による統制を加え、その認定・登録を図ったものとみるべきである。民部・家部は670年の庚午年籍(こうごねんじゃく)に載せられ、壬申(じんしん)の乱を経た675年(天武天皇4)以降に、民部よりも身分の低かった家部は、律令制下の氏賤(うじのせん)・家人(けにん)の身分に変化した。[野村忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家部/宅部の関連キーワード家人五色の賤子代外衛私地私民大化の改新内衛律令時代私賤私有財産制度

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone