コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋の色種 あきのいろくさ

2件 の用語解説(秋の色種の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秋の色種
あきのいろくさ

長唄の曲名。弘化2 (1845) 年麻布不二見坂の南部侯邸の新築祝いのため開曲。南部侯 36代佐竹利敬 (としのり) の未亡人教子 (のりこ) ,または 39代信侯 (のぶとも) 作詞と推定されるが,あるいは両人の合作という説もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あきのいろくさ【秋の色種】

長唄の一。1845年初演。南部侯佐竹利済としなり作詞。一〇世杵屋きねや六左衛門作曲。歌詞内容は秋景色の描写。お座敷長唄の代表曲。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秋の色種の関連キーワード老松紀文大尽太鼓地綱館秋の夜小六節鬢のほつれ席田秋色種四季の詠(四季の眺)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秋の色種の関連情報