コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋の色種 あきのいろくさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秋の色種
あきのいろくさ

長唄の曲名。弘化2 (1845) 年麻布不二見坂の南部侯邸の新築祝いのため開曲。南部侯 36代佐竹利敬 (としのり) の未亡人教子 (のりこ) ,または 39代信侯 (のぶとも) 作詞と推定されるが,あるいは両人の合作という説もある。作曲は 10世杵屋六左衛門。本調子,二上り三下りと転調。秋の情景を歌った上品な純鑑賞用長唄。「前弾き」「虫の合方」「琴の合方」,あるいは上調子など,三味線が大いに活躍する名曲。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

あきのいろくさ【秋の色種】

長唄の一。1845年初演。南部侯佐竹利済としなり作詞。一〇世杵屋きねや六左衛門作曲。歌詞内容は秋景色の描写。お座敷長唄の代表曲。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

秋の色種の関連キーワード杵屋六左衛門(別家10世)尾上 菊雅お座敷長唄田島 佳子吾妻八景

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秋の色種の関連情報