杵屋六左衛門(読み)キネヤロクザエモン

デジタル大辞泉の解説

きねや‐ろくざえもん〔‐ロクザヱモン〕【杵屋六左衛門】

長唄三味線方・唄方。杵屋宗家
(別家9世)[?~1819]三味線方。8世宗家喜三郎の養子で、別家を興す。「小原女」「越後獅子」などを作曲
(別家10世)[1800~1858]三味線方。長唄中興の祖といわれる。「供奴」「喜撰」「賤機帯」などを作曲。本家10世喜三郎の死後本家・別家を一本化した。
(14世)[1900~1981]三味線方から唄方に転向。作曲も巧みで、映画「楢山節考」の音楽などを作曲。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

杵屋六左衛門【きねやろくざえもん】

長唄演奏家,杵屋宗家の芸名。長く三味線方であったが,14世から唄方に転向。杵屋姓の中でも最高の名で,名人も多い。現在は15世,9世〔?-1819〕は《越後獅子》を,4世杵屋六三郎ともに長唄中興の祖といわれた10世〔1800-1858〕は《石橋(しゃっきょう)》《鶴亀》《秋色種(あきのいろくさ)》を,後の根岸の勘五郎こと11世〔1815-1877〕(一説に〔1823-1877〕)は《四季の山姥》を作曲。11世は,3世杵屋正次郎,2世杵屋勝三郎とともに作曲の三傑と称された。14世〔1900-1981〕は13世の実子。1966年日本芸術院会員,1974年人間国宝。
→関連項目茨木賤機帯新曲浦島土蜘/土蜘蛛(演劇)山姥

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きねやろくざえもん【杵屋六左衛門】

長唄三味線方,唄方。長唄の宗家といわれる。現在まで15代を数えるが,これは六左衛門のみの代数ではなく,杵屋の始祖といわれる初代勘五郎以後の杵屋勘五郎杵屋喜三郎の名義をも含めた家督相続者の代数である。六左衛門名義としては,2代,4代,および9代以後15代までの9名を数えるが,2代,4代については疑わしい点も多く,また宗家としての6代喜三郎までについても,不明な点が多々ある。なお,《杵屋系譜》には6代,7代喜三郎がそれぞれ六左衛門を襲名したと記されているが疑問である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きねやろくざえもん【杵屋六左衛門】

長唄三味線方・唄方。杵屋宗家。
(別家九世)(?~1819) 八世六左衛門の養子で別家を興す。「越後獅子」「相模蜑さがみあま」「浜松風」などを作曲。
(別家一〇世)(1800~1859) 本家一〇世の死後名目を預かり本家・別家は解消。長唄中興の祖。「石橋しやつきよう」「鶴亀」「供奴」「賤機帯しずはたおび」などを作曲。
(一二世)(1839~1912) 歌舞伎座創立とともに囃子頭となり植木店うえきだな派全盛を築いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

杵屋六左衛門
きねやろくざえもん

長唄(ながうた)三味線方、唄方(うたかた)。現在まで15代を数えるが、それは勘五郎、喜三郎を含めた杵屋宗家の代数であり、3世杵屋勘五郎編の『杵屋系譜』によれば、2代、4代、6代、7代、そして9代目以降が六左衛門を名のっているが、7代目までは確証に乏しく、不明な点が多い。[渡辺尚子]

9代

(?―1819)3世田中伝左衛門の次男。宗家8代喜三郎の養子。前名3世六三郎。1797年(寛政9)六左衛門名義を復活襲名。『越後獅子(えちごじし)』『小原女(おはらめ)』などを作曲。その住所から「植木店(うえきだな)」とよばれ、以後、六左衛門家は植木店派とよばれることとなる。[渡辺尚子]

10代

(1800―58)9代の実子。前名4世三郎助。1830年(天保1)六左衛門を襲名。4世六三郎とともに長唄中興の祖といわれる。『供奴(ともやっこ)』『石橋(しゃっきょう)』『賤機帯(しずはたおび)』『秋色種(あきのいろくさ)』『鶴亀(つるかめ)』『翁千歳三番叟(おきなせんざいさんばそう)』などを作曲。[渡辺尚子]

11代

(1815ころ―77)10代の甥(おい)。前名5世三郎助。1861年(文久1)11代を襲名。後の3世杵屋勘五郎(同項目参照)。[渡辺尚子]

12代

(1839―1912)芳村(よしむら)孝三郎の実子。10代の養子。前名喜三郎。1868年(明治1)12代を襲名。おもに演奏方面で活躍。[渡辺尚子]

13代

(1870―1940)12代の実子。前名喜三郎。1894年(明治27)13世を襲名。のち寒玉(かんぎょく)と称す。弟の5世勘五郎とともに歌舞伎(かぶき)長唄の育成に力を入れる。『楠公(なんこう)』『五条橋』などを作曲。[渡辺尚子]

14代

(1900―81)13代の実子。本名杵家安彦。前名喜三郎。1916年(大正5)14世を襲名。三味線方としての家系ながら唄方に転向。4世吉住(よしずみ)小三郎(慈恭(じきょう))に師事し、伝統的な長唄の伝承とともに新しい長唄の発展にも力を注いだ。『母を恋ふるの記』『楢山節考(ならやまぶしこう)』などを作曲。日本芸術院会員。重要無形文化財保持者。昭和56年8月23日没。没後、次女の六左(1930― )が15代六左衛門を継ぐ。[渡辺尚子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android