秋庭俊彦(読み)あきば としひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋庭俊彦 あきば-としひこ

1885-1965 大正-昭和時代のロシア文学者,俳人。
明治18年4月5日生まれ。はじめ短歌をこころざし新詩社同人となる。チェーホフに傾倒し,「チェーホフ全集」の翻訳にくわわり英訳からの翻訳,紹介につくした。昭和にはいって句作をはじめ,句集に「果樹」がある。昭和40年1月4日死去。79歳。東京出身。早大卒。旧姓は中山。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android