コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋桐 アキギリ

デジタル大辞泉の解説

あき‐ぎり【秋×桐】

シソ科の多年草。山地の木陰に生え、高さ20~50センチ。葉は三角形で、基部は矛(ほこ)形。秋、紅紫色の唇形の花をつける。花が黄色のものはキバナアキギリで、同属別種。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あきぎり【秋桐】

シソ科の多年草。林地に生える。高さ約20センチメートル。全体に毛がある。葉は鉾ほこ形。秋、枝頂の短い花穂にキリの花に似た淡紫色の唇形花をつける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

秋桐の関連キーワードアキギリ章士釗シソ科唇形花淡紫色林地