コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雄物川 おものがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雄物川
おものがわ

秋田県南東部,横手市西部の旧町域。横手盆地の西にあり,雄物川に臨む。 1955年沼館町と福地村,里見村の2村および明治村の一部が合体して雄物川町が発足。同年館合村の一部,1957年十文字町の一部を編入。 2005年横手市,増田町,平鹿町,大森町,十文字町,山内村,大雄村の7市町村と合体して横手市となった。戦国時代には小野寺氏の支城があった。水田が多く,米の単作地帯。山麓部では,米作に畜産,果樹や野菜の栽培などの複合経営が行なわれる。周辺の農山村から野菜,山菜などが運ばれ朝市が開かれる。中心集落の沼館には中世の豪族の館といわれる沼ノ柵跡がある。

雄物川
おものがわ

秋田県中部を流れる川。全長 133km。古くは御物川とも書いた。宮城県境の虎毛山と神室山北斜面付近に発し,高松川,皆瀬川を合わせて横手盆地西端を北流,大仙市神宮寺付近で,最大の支流玉川と合流する。その後秋田平野に出て,土崎付近で日本海に注ぐ。流水量は融雪時が最大。河口付近では降雨時にしばしば逆流,停滞し,浸水した。河口の港を保護し,浸水を防ぐために 1938年新屋浜に放水路を建設。河川は浅く,勾配はゆるやかで,古くから仙北米や木材の輸送に利用された。刈和野,神宮寺,大曲などは当時の河港であった。また横手盆地や秋田平野の水田地帯を潤す大動脈で,秋田湾新産業都市の工業用水ともなる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おもの‐がわ〔をものがは〕【雄物川】

秋田県南部を流れる川。神室(かむろ)山地に源を発し、北西に流れて秋田市で日本海に注ぐ。長さ133キロ。御物川。御膳川。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

雄物川【おものがわ】

秋田県南東端の奥羽山脈中に発し秋田市で日本海に注ぐ川。長さ133km,流域面積4710km2。横手盆地で皆瀬川,役内川,成瀬川などが合流,大曲で八幡平(はちまんたい)に発する毒水として有名な玉川が合する。
→関連項目秋田[県]秋田平野大曲[市]神岡[町]抱返渓谷土崎西仙北[町]雄和[町]横手盆地

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おものがわ【雄物川】

秋田県南部,雄勝郡雄勝町上院内南沢に源を発し,横手盆地を北流,出羽山地先行谷で横切り,秋田平野に出て,日本海に注ぐ河川。幹川流路延長133km,全流域面積4710km2で,県内第1の河川。幹川および皆瀬川・成瀬川上流は,明確な構造谷を流れ,横手盆地中央部では,真昼山地麓の複合扇状地に押されて西偏する。盆地出口の神岡町,西仙北町や秋田市南部四ッ小屋付近は,流路変遷が著しく,数多くの河跡湖や自然堤防が発達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おものがわ【雄物川】

秋田県南部、神室かむろ山地に源を発し、秋田市西方で日本海に注ぐ川。長さ133キロメートル。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔秋田県〕雄物川(おものがわ)


秋田県南部から中部を流れる同県下最大の川。1級河川(雄物川水系)。延長133km。流域面積4710km2。山形県境の雄勝(おがち)峠付近で諸支流を集め雄物川となり、横手(よこて)盆地で玉(たま)川を合わせて北西流。秋田平野南部を曲流して日本海に注ぐ。かつては土崎(つちざき)港(現秋田港)を河口としたが、日本海へ短絡する放水路が完成、現流路となった。横手盆地東部には各支流がつくる複合扇状地が発達し、田沢疏水(たざわそすい)など多くの用水路が巡る。上流から河口まで河床勾配(かしょうこうばい)が小さくて流水量も多く、近世から明治末期まで米・木材の移出や塩・魚の移入などの内陸水運が盛んに行われた。河口の土崎港をはじめ現・大仙(だいせん)市大曲(おおまがり)など多くの河港が繁栄した。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

雄物川の関連キーワード秋田県横手市雄物川町沼館雄物川(旧町名)西仙北〈町〉雄物川〈町〉西仙北[町]大森[町]神岡[町]南外〈村〉河辺〈町〉大雄〈村〉秋田[市]中仙[町]雄和[町]羽後[町]平鹿[町]大仙[市]大曲[市]しみずの舞雄和〈町〉山内〈村〉

雄物川の関連情報