コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋芳[町] しゅうほう

百科事典マイペディアの解説

秋芳[町]【しゅうほう】

山口県中西部,厚東(ことう)川の上流域にある美祢(みね)郡の旧町。秋吉台国定公園の主要部を占め,秋芳(あきよし)洞特別天然記念物)があり,中心集落の秋吉はその観光基地。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうほう【秋芳[町]】

山口県中西部,美祢(みね)郡の町。人口6899(1995)。厚東(ことう)川上流を占め,カルスト地形で知られる秋吉台国定公園のある山間の農村地域である。秋吉台周辺の湧泉に恵まれたカルスト平野には,弥生時代の遺跡が多く分布し,嘉万(かま)や秋吉の低地には古代条里制の遺構が残っている。町役場所在地の秋吉は近世赤間関街道(萩~下関)の宿場町から発達し,現在もJRバスや防長バスなどの路線が集まり,美祢郡地方の内陸交通・商業の中心地をなす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

秋芳[町]の関連キーワード秋芳洞秋芳

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android