コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋芳 しゅうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秋芳
しゅうほう

山口県中西部,美祢市中部の旧町域。厚東川(ことうがわ)の上流域に位置する。1955年岩永村,秋吉村,共和村,別府村の 4村が合体して町制。2008年美祢市,美東町と合体して美祢市となった。大部分は日本最大の石灰岩台地である秋吉台にあり,東部は秋吉台国定公園に属する。秋芳洞は秋吉台とともに国の特別天然記念物,中尾洞,共和のカシの森は国の天然記念物に指定。台地上には石灰岩地形特有のドリーネが多く,秋芳洞から大正洞までカルストロードが走る。米,牧草,ナシ,ブドウなどのほか,台麓の湧泉を利用した養殖ニジマスを特産。石灰石,大理石の加工場がある。台地上や山麓には先史時代の遺跡が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

秋芳

山口県防府市に本店を置く、白銀本舗杉本利兵衛本店が製造・販売するかまぼこ同県名勝、秋芳洞にちなみ命名。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋芳
しゅうほう

山口県西部、美祢(みね)郡にあった旧町名(秋芳町(ちょう))。1955年(昭和30)秋吉(あきよし)、岩永、共和、別府(べっぷ)の4村が合併して町制施行。2008年(平成20)美祢市、美東(みとう)町と合併。旧町域は現在の美祢市東部地域の西半部を占める。国道435号、中国自動車道が通じる。厚東(ことう)川上流域を占め、カルスト台地で有名な秋吉台(特別天然記念物)のある内陸の農村地域。湧泉(ゆうせん)に恵まれた台麓(だいろく)には弥生(やよい)時代の遺跡が多い。町役場の置かれた秋吉は近世の赤間関(あかまがせき)街道の宿場として発達した町で、現在も美祢郡地方の交通、商業の中心。特別天然記念物秋芳洞(あきよしどう)は年間120万人の観光客が訪れる。良質の大理石を産出し、ナシ、クリの特産地。[三浦 肇]
『『秋芳町史』(1963・秋芳町) ▽『秋芳町史 改訂版』(1991・秋芳町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

秋芳の関連キーワード秋芳洞(しゅうほうどう)山口県美祢市秋芳町秋吉龍河洞県立自然公園秋吉台科学博物館秋吉台国際芸術村別府弁天池湧水山口県防府市ガントレット山口県美祢市石灰華段丘秋吉大理石秋芳〈町〉石田 充之秋芳[町]北野鞠塢秋芳美人佐原鞠塢龍泉洞石灰洞竜泉洞

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秋芳の関連情報