コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋吉台国定公園 あきよしだいこくていこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秋吉台国定公園
あきよしだいこくていこうえん

山口県中西部,厚東川(ことうがわ)以東の狭義の秋吉台を包含する自然公園。美祢市に属する。面積 45.02km2。1955年指定。秋吉台は標高約 400m,長さ 20km,幅 8kmの広大な台地で,カルスト地形特有のカレンフェルトドリーネウバーレポリエポノールなど珍しい地形がいたるところでみられる。地下には多くの石灰洞があり,代表的なものは秋芳洞景清穴(かげきよあな),大正洞中尾洞の四つ。主要部は 13.84km2にわたり,国の特別天然記念物として保護されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

秋吉台国定公園【あきよしだいこくていこうえん】

山口県美祢(みね)郡美東(みとう),秋芳(しゅうほう)2町(いずれも現・美祢市)のほぼ全域に及ぶ国定公園。1955年指定。面積45.02km2。全域特別天然記念物。
→関連項目秋芳[町]美東[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

あきよしだいこくていこうえん【秋吉台国定公園】

秋吉台の中心部、厚東ことう川以東を占める国定公園。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕秋吉台国定公園(あきよしだいこくていこうえん)


山口県西部の国定公園。秋吉台の主要部分を占める。面積4502ha。1955年(昭和30)指定。秋吉台は日本最大のカルスト台地。その大部分は国特別天然記念物に指定され、カレンフェルト(石灰岩の石柱原)、ドリーネ(凹地)など特有の景観をみせる。秋芳(あきよし)洞など多くの鍾乳洞(しょうにゅうどう)がある。台地上を横断する有料道路からは秋吉台八景が眺望でき、四季を通じて観光客でにぎわう。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋吉台国定公園
あきよしだいこくていこうえん

山口県西部にある日本最大の石灰岩地域を中心とした国定公園。1955年(昭和30)石灰岩台地の主要部分45.34平方キロメートルが指定された。2010年(平成22)現在、面積45.02平方キロメートル。このなかには、石灰岩層逆転の発見地である帰水(かえりみず)凹地帯、石灰岩柱群が裸出するカレンフェルト景観の代表地である地獄台、ドリーネの密集する馬ころび一帯、日本有数の規模をもつ大鍾乳(しょうにゅう)洞である秋芳(あきよし)洞(特別天然記念物)をはじめ、景清(かげきよ)穴、大正洞(ともに国の天然記念物)などが含まれている。なお、秋吉台地下水系は2005年(平成17)に、ラムサール条約登録湿地となった。
 秋吉台南麓(なんろく)の美祢(みね)市秋芳町(しゅうほうちょう)秋芳(あきよし)広谷から台上を横断して、北東麓の同市美東町(みとうちょう)(あか)佐山の大正洞前に至る秋吉台スカイラインが通じており、これに沿って四季の変化に富むカルスト景観を観察することができる。台上には科学博物館、少年自然の家、ユースホステルなどの施設もある。[三浦 肇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

秋吉台国定公園の関連キーワード秋芳[町]山口(県)美祢(市)美東[町]中国地方伊佐鉱山奥秋吉台景清洞

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android