コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美祢市 みね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

美祢〔市〕
みね

山口県中西部,厚狭川(あさがわ),厚東川(ことうがわ),有帆川(ありほがわ)の上流域に広がる市。1954年大嶺町,伊佐町,豊田前町の 3町と於福村,東厚保村,西厚保村の 3村が合体して市制。2008年美東町,秋芳町の 2町と合体。三畳紀層に含まれる無煙炭の産地(大嶺炭田)として発展したが,鉱脈の枯渇に加え第2次世界大戦後に需要が急減し 1971年閉山。一方,大正中期から石灰岩の採掘が進み,セメント工場が立地。大理石も産する。東部を中心に米作やナシ,ゴボウなどの栽培が行なわれる。市の中部に日本最大の石灰岩台地秋吉台があり,秋芳洞とともに国の特別天然記念物に指定。台地上にはドリーネポリエポノールなど石灰岩地域特有の地形が発達し,先史時代の遺跡も多い。万倉の大岩郷(まぐらのおおいわごう),大正洞,景清穴(かげきよあな),中尾洞,共和のカシの森はいずれも国指定天然記念物。秋吉台の南東には長登銅山跡があり,国の史跡に指定されている。市域の一部は秋吉台国定公園に属する。JR美祢線,中国縦貫自動車道,国道316号線,435号線,490号線が通じる県内交通の要所。面積 472.64km2人口 2万6159(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

美祢市の関連情報