コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋芳洞 あきよしどう

12件 の用語解説(秋芳洞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秋芳洞
あきよしどう

通称「しゅうほうどう」。山口県中西部,秋吉台南端にある大規模な鍾乳洞秋吉台観光の中心。主洞は全長約 1.5kmまで探勝できるが,その延長は約 10kmに及ぶと推定される。洞の断面は最高 30m,最大幅は 90m。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

秋芳洞
しゅうほうどう

「秋芳洞 (あきよしどう)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

秋芳洞

日本最大のカルスト台地・秋吉台南端の地下約100メートルにある鍾乳洞。数百万年前にできた地下水路が周りの岩を溶かし、洞窟ができた。総延長は約10キロあるとみられ、観光用に公開されているのは1キロほど。川や滝もあり、黄金柱(こがねばしら)など様々な形をした鍾乳石や石筍(せきじゅん)を数多く見ることができる。秋芳洞と名付けたのは皇太子時代の昭和天皇

(2007-04-28 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あきよし‐どう【秋芳洞】

山口県西部、秋吉台(あきよしだい)の地下100メートルに広がる鍾乳洞(しょうにゅうどう)特別天然記念物に指定されている。古くは「滝穴」とよばれていた。しゅうほうどう。

しゅうほう‐どう〔シウハウ‐〕【秋芳洞】

あきよしどう

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

秋芳洞【あきよしどう】

山口県美祢(みね)郡秋芳(しゅうほう)町(現・美祢市)にある鍾乳(しょうにゅう)洞(特別天然記念物)。〈しゅうほうどう〉とも。秋吉台国定公園に属し,洞口は秋吉台の南麓にある。
→関連項目秋芳[町]鍾乳洞

秋芳洞【しゅうほうどう】

秋芳(あきよし)洞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あきよしどう【秋芳洞】

〈しゅうほうどう〉とも呼ぶ。山口県美祢郡秋芳(しゆうほう)町にあり,秋吉台の南麓に開口する日本最大級の鍾乳洞。1952年特別天然記念物に指定された。洞は支洞の少ない水平洞で,全長は推定10kmであるが,洞奥約2kmの琴ヶ淵までが調査されており,その先は水中洞となっている。洞内を地下河川が流れ,秋吉台北東麓の吸込穴白魚洞まで連なっている。一般公開されているのは照明設備のある約1.5kmの間で,洞内は最も長い所で200m,最も天井の高い所で40mあり,地下水に溶存している炭酸石灰分が沈澱して,さまざまの石灰華生成物が発達している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あきよしどう【秋芳洞】

しゅうほうどう【秋芳洞】

山口県中央部、秋吉台の地下に発達する大鍾乳洞。特別天然記念物。あきよしどう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕秋芳洞(あきよしどう)


山口県西部、秋吉台(あきよしだい)南麓(なんろく)にある日本有数の鍾乳洞(しょうにゅうどう)。石灰華(せっかいか)生成物が発達した特異な景観で知られる。全長は推定約10km、最大洞幅約100m、最大洞高約40m。美祢(みね)市に属する。国指定の特別天然記念物。「しゅうほうどう」とも。洞内は地下河川が流れ、各所に山・淵(ふち)・急流がみられる。石灰華段丘の百枚皿(ひゃくまいざら)、石柱の黄金柱(おうごんばしら)、鍾乳石の傘づくしなどの奇勝が展開。コウモリをはじめ、退色したり眼()のない生物も多種生息。洞口から照明設備のある1.5kmまでが見学可能。エレベーターで秋吉台上に出ることができる。秋吉台国定公園に属する。

〔山口県〕秋芳洞(しゅうほうどう)


秋芳洞(あきよしどう)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の秋芳洞の言及

【秋芳洞】より

…天井から垂れ下がる〈傘づくし〉などの鍾乳石,洞壁をかざる〈土筆石〉〈南瓜岩〉〈くらげの滝のぼり〉などの流華石,洞床から上へのびる〈マリア観音〉〈巌窟王〉などの石筍(せきじゆん),天井から洞床までつながった高さ約15mの〈黄金柱〉,〈洞内富士〉などの巨大な石灰華柱,棚田のような〈千町田〉〈百枚皿〉などの石灰華段丘,いずれも地底の造化の美が繰り広げられている。秋吉台には秋芳洞のほかにも大小200以上もの洞窟があり,太陽光線が届かず一年中17℃と気温変化のない洞内には,褪色したり眼のないクモ類,ヨコエビ類,トビムシ類,ゴミムシ類など珍奇な生物がすみ,重要な学術研究地となっている。小郡(おごおり),湯田温泉(山口市)からのバスの便がよく,洞内から秋吉台上へ通じるエレベーターが設置されるなど観光施設が整っているため,四季を通じて多くの観光客が訪れている。…

※「秋芳洞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

秋芳洞の関連キーワード秋吉台秋吉台国定公園秋吉大理石秋吉台オートキャンプ場秋吉台家族旅行村秋吉台サファリランド秋吉台科学博物館秋吉台国際芸術村山口県美祢市秋芳町秋吉住吉台

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秋芳洞の関連情報