秋葉原無差別殺傷事件(読み)あきはばらむさべつさっしょうじけん

知恵蔵の解説

秋葉原無差別殺傷事件

2008年6月8日、東京都千代田区の秋葉原電気街の交差点で通行人ら17人が無差別に殺傷された事件静岡県裾野市の派遣会社員加藤智大被告(25)は、沼津市内で借りたレンタカーのトラックで秋葉原の歩行者天国に突っ込み、通行人をはねたのち、車から降りてナイフで刺すなどして7人を殺害、10人に重軽傷を負わせた。
加藤被告は事件当日の早朝から直前まで携帯サイトの掲示板に犯行を予告する書き込みをしたが誰からも反応がなく、「色々書いているのに誰も見てくれない」「見た人に犯行を止めてほしかった」と供述した。また事件に至る経緯については「現実の世界でもネットの世界でも孤独になった。ネットの世界の人間に自分の存在を気付かせてやろうと事件を考えた」と供述している。事件を受けて警視庁は秋葉原の歩行者天国を「当分の間中止」にしている。

(朝日新聞出版 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

秋葉原無差別殺傷事件

2008年6月8日午後0時半ごろ、元派遣社員の加藤死刑囚が歩行者天国にトラックで突っ込んで通行人をはねた後、刃物で次々に襲い、7人を殺害、10人に重軽傷を負わせた。15年2月に死刑判決が確定。確定判決では「職を転々として孤独感を深めていたなか、没頭していたインターネットの掲示板で嫌がらせを受け、派遣先でも嫌がらせを受けたと思い込み、強い怒りを覚えていた」と指摘。「嫌がらせをした者らに、その行為が重大な結果をもたらすことを知らしめるため」と動機を認定した。

(2018-06-08 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秋葉原無差別殺傷事件の関連情報