コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

科斗書 かとしょKē dŏu shū

1件 の用語解説(科斗書の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かとしょ【科斗書 Kē dŏu shū】

中国古代の空想的な字体の文字。科斗文,科斗篆(てん)ともいう。蒼頡(そうけつ)がはじめて漢字を作ったときの字体がこれで,まだ筆と墨とがなかったため,竹挺(たけべら)に漆をつけて文字を書いたが,その字体は頭が太く尾は細くなって科斗(おたまじゃくし)に似ていたのでこの名がつけられたとされる。前漢時代に魯壁(孔子の旧宅の壁)をこわして得た古文経書や,西晋時代に出土した汲冢(きゆうちよう)書がこの字体で書かれていたとされるが,現在の古文字史の知識からすれば,その文字が特に科斗と似ていたとは考えられず,当時の人々が難解な古代文字を広くこの名で呼んだものであろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone