汲冢書(読み)きゅうちょうしょ(英語表記)Jí zhŏng shū

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうちょうしょ【汲冢書 Jí zhŏng shū】

中国,西晋時代,汲郡(河南省)の人,不準が戦国時代の王の墓を盗掘して得た古書。竹簡に記されていたものを,荀勖(じゆんきよく)(?‐289)らの学者が当時の字体に改め,整理を加えた。元来は大量の竹簡があったとされるが,現在に伝わるのは《穆天子伝》《(古本)竹書紀年》(これもいったんは滅びて復元された)などごくわずか。《逸周書》は《汲冢周書》とも呼ばれるが,汲冢から出たものではないとされる。なおこれが出土した年については,《晋書》の本紀と伝や杜預《春秋経伝集解》後序などで,279年(咸寧5)から281年(太康2)まで差があり,また出土した墓についても魏の襄王のものとする説と安釐王のものとする説がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

汲冢書
きゅうちょうしょ

中国、晋(しん)の汲郡(河南省)の人不準(ふじゅん)が、279年(咸寧5。また280年〈太康一〉、281年ともいう)冬10月に、戦国時代の魏(ぎ)の襄王(じょうおう)(また安釐(あんり)王ともいう)の古冢(墓)から掘り出した竹簡(ちっかん)の古書。晋の武帝の命により束(そくせき)、荀勗(じゅんきょく)、和(わきょう)、傅(ふさん)らが整理研究にあたった。その量は数十車、十余万言あり、内容は『晋書』束伝によれば、『紀年』『易経』『易陰陽卦(えきよういんようか)』『公孫(こうそんか)』『国語』『事名』『師春』『瑣語(さご)』『梁丘蔵(りょうきゅうぞう)』『(げきしょ)』『生封(せいふう)』『大暦』『穆天子伝(ぼくてんしでん)』『図詩』『雑書』の諸書75篇(へん)と題名不詳の7篇であり、文字は蝌蚪(かと)文字(中国の古体篆字(てんじ))で漆書(しっしょ)されていたという。現在『竹書紀年』『汲冢周書』『穆天子伝』が伝えられるが、前2書は疑いを残している。[田中 有]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android