コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒼頡 そうけつCang Jie; Ts`ang Chieh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蒼頡
そうけつ
Cang Jie; Ts`ang Chieh

倉頡ともく。中国,古代に文字を発明したという伝説上の人物。黄帝史官であったが,鳥獣足跡をみて文字を考案したという (『説文解字』序) 。のち秦の李斯小篆 (てん) によって文字を統一したときに作った書も「倉頡編」と名づけられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そう‐きつ〔サウ‐〕【蒼頡/倉頡】

そうけつ(蒼頡)

そう‐けつ〔サウ‐〕【蒼頡/倉頡】

中国古代の伝説上の人物。黄帝の史官で、鳥の足跡から文字を創案したと伝えられる。そうきつ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

そうけつ【蒼頡 Cāng jié】

中国古代の聖人で,文字を発明したといわれる伝説上の人物。倉頡とも書く。黄帝の史官であり,目が四つあって聡明であったといわれる。蒼頡が文字を発明したという伝説は,戦国後期の《荀子》にあらわれ,漢代になると黄帝の史官であったという伝説があらわれる。秦始皇帝の宰相であった李斯が,蒼頡の名をとった《蒼頡篇》という初学者向きの字書を作ったが,今は伝わらない。【伊藤 道治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蒼頡
そうきつ

中国古代の伝説上の人物で、聖天子とされる黄(こう)帝に仕えた記録係。生まれながらにして神聖な蒼頡は、その顔に四つの目があったといわれる。当時はまだ文字がなく、かわりに縄を結んで記録としていたが、彼は鳥獣の足跡からヒントを得て象形文字を創作した。蒼頡は倉頡とも書き、蒼および倉は創を、また頡は結をそれぞれ表すことから、この名は初めて記録をつくった人のことではないかと考えられる。[伊藤清司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

蒼頡の関連キーワード小学(中国古典語学)蒼頡・倉頡文字改革唐鳥の跡中国神話科斗書孫星衍文字学鳥の跡書体習字鳥跡

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蒼頡の関連情報