コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒼頡 そうけつ Cang Jie; Ts`ang Chieh

5件 の用語解説(蒼頡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蒼頡
そうけつ
Cang Jie; Ts`ang Chieh

倉頡とも書く。中国,古代に文字を発明したという伝説上の人物。黄帝の史官であったが,鳥獣の足跡をみて文字を考案したという (『説文解字』序) 。のち秦の李斯が小篆 (てん) によって文字を統一したときに作った書も「倉頡編」と名づけられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そう‐きつ〔サウ‐〕【蒼頡/倉頡】

そうけつ(蒼頡)

そう‐けつ〔サウ‐〕【蒼頡/倉頡】

中国古代の伝説上の人物。黄帝の史官で、鳥の足跡から文字を創案したと伝えられる。そうきつ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

そうけつ【蒼頡 Cāng jié】

中国古代の聖人で,文字を発明したといわれる伝説上の人物。倉頡とも書く。黄帝の史官であり,目が四つあって聡明であったといわれる。蒼頡が文字を発明したという伝説は,戦国後期の《荀子》にあらわれ,漢代になると黄帝の史官であったという伝説があらわれる。秦始皇帝の宰相であった李斯が,蒼頡の名をとった《蒼頡篇》という初学者向きの字書を作ったが,今は伝わらない。【伊藤 道治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蒼頡
そうきつ

中国古代の伝説上の人物で、聖天子とされる黄(こう)帝に仕えた記録係。生まれながらにして神聖な蒼頡は、その顔に四つの目があったといわれる。当時はまだ文字がなく、かわりに縄を結んで記録としていたが、彼は鳥獣の足跡からヒントを得て象形文字を創作した。蒼頡は倉頡とも書き、蒼および倉は創を、また頡は結をそれぞれ表すことから、この名は初めて記録をつくった人のことではないかと考えられる。[伊藤清司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蒼頡の関連キーワード呉楽雲夢沢虞舜蛟竜五聖先聖竹帛傅説発明者《中国古代の祭礼と歌謡》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蒼頡の関連情報