科負比丘尼(読み)とがおいびくに

精選版 日本国語大辞典の解説

とがおい‐びくに とがおひ‥【科負比丘尼】

〘名〙 昔、良家の妻女や娘などにつき添って、その過失の責めを代わりに負った比丘尼。屁負比丘尼(へおいびくに)
※浮世草子・浮世栄花一代男(1693)二「祇園町で科屓(トガヲヒ)びくにのつきて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android