秘密曼荼羅十住心論(読み)ひみつまんだらじゅうじゅうしんろん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秘密曼荼羅十住心論
ひみつまんだらじゅうじゅうしんろん

空海の著書。 10巻。一般に『十住心論』と略す。天長7 (830) 年淳和天皇が,法相,三論,律,華厳天台,真言の6宗に,それぞれの教義を述べた著述を朝廷に提出することを命じたが,それに応じて空海真言宗の教義をまとめたもの。『大日経』住心品に説かれる人間の心の向上してゆく様子,すなわち心品転昇の次第を当時存在した各宗に配当して真言宗の教判として十住心に体系化したもの。建長6 (1254) 年に快賢が初めて開板した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android