コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十住心 じゅうじゅうしん

2件 の用語解説(十住心の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十住心
じゅうじゅうしん

仏教用語。空海が宗教意識の発達過程を 10種の心のあり方に分類したもの。 (1) 動物のような低俗な本能に支配される凡夫の心 (異生羝羊住心) ,(2) 人倫の道を守る程度の人の心 (愚童持斎住心) ,(3) 人間世間の苦しみを厭離して天上の楽を求める程度の心 (嬰童無畏住心) ,(4) 五蘊の法は実在するが我はないとする声聞の心 (唯蘊無我住心) ,(5) 人間の苦の根本である原因を取除こうとする縁覚の心 (抜業因種住心) ,(6) 人法の二我を離れ慈悲心によって衆生を救おうとする心 (他縁大乗住心) ,(7) 心の不生を覚る心 (覚心不生住心) ,(8) あるがままの真理を悟る心 (一道無為住心) ,(9) 真如によって現れることを知る心 (極無自性住心) ,(10) 真言の秘密の法門を悟る心 (秘密荘厳住心) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じゅうじゅうしん【十住心】

〘仏〙 空海が「十住心論」で説いた、真言宗の教判。動物的な心のあり方から、真言宗の教えに至る心の段階を十に分け、儒教や仏教の各宗派を体系的に位置づける。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

十住心の関連キーワード教化精神現象学ノエマ反抗期保健体育科学技術第六意識内界核の発生《無意識の哲学》

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone