コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十住心 じゅうじゅうしん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十住心
じゅうじゅうしん

仏教用語。空海が宗教意識の発達過程を 10種の心のあり方に分類したもの。 (1) 動物のような低俗な本能に支配される凡夫の心 (異生羝羊住心) ,(2) 人倫の道を守る程度の人の心 (愚童持斎住心) ,(3) 人間世間の苦しみを厭離して天上の楽を求める程度の心 (嬰童無畏住心) ,(4) 五蘊の法は実在するが我はないとする声聞の心 (唯蘊無我住心) ,(5) 人間の苦の根本である原因を取除こうとする縁覚の心 (抜業因種住心) ,(6) 人法の二我を離れ慈悲心によって衆生を救おうとする心 (他縁大乗住心) ,(7) 心の不生を覚る心 (覚心不生住心) ,(8) あるがままの真理を悟る心 (一道無為住心) ,(9) 真如によって現れることを知る心 (極無自性住心) ,(10) 真言の秘密の法門を悟る心 (秘密荘厳住心) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅうじゅうしん【十住心】

〘仏〙 空海が「十住心論」で説いた、真言宗の教判。動物的な心のあり方から、真言宗の教えに至る心の段階を十に分け、儒教や仏教の各宗派を体系的に位置づける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

十住心の関連キーワード秘密曼荼羅十住心論秘蔵宝鑰十住心論真言宗義真安然儒教密教心敬

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android