コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秦荘[町] はたしょう

百科事典マイペディアの解説

秦荘[町]【はたしょう】

滋賀県中東部,愛知(えち)郡の旧町。湖東穀倉地帯の一部で,米,小麦,野菜を産する。特産品に,ナシ,ヤマノイモブドウなどがある。古くから麻織物が盛ん。近年は,工場の誘致が進んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はたしょう【秦荘[町]】

滋賀県中東部,愛知(えち)郡の町。人口8076(1995)。東部は秦川山を中心とした山地で,西部は洪積台地と宇曾川の扇状地からなり,条里制遺構がよく残されている。古くから稲作中心の農業が盛んであったが,名神高速道路や国道307号線などの開通によって自動車部品,歯科材料,事務機器などの工場が進出し,工業化が進んでいる。特産品として江戸時代からの小幅麻縮,秦荘紬がある。松尾寺金剛輪寺があり,本堂は鎌倉時代の代表的建造物として国宝に指定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android