コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湖東 ことう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湖東
ことう

滋賀県南東部,東近江市北部の旧町域。愛知川中流右岸にある。 1954年東押立村,西押立村,豊椋村の3村が合体し町制。 2005年八日市市,永源寺町,五個荘町,愛東町の1市3町と合体して東近江市となった。大部分は平野で,米作を主とし,県内有数の種鶏場がある。近江牛の飼育も行なわれる。工業はプレハブ製造,製麻。長 (おさ) の梵鐘鋳造は有名。押立神社や春日神社,善明寺がある。南花沢,北花沢のハナノキはともに国の天然記念物。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔滋賀県〕湖東(ことう)


滋賀県東部の地方名。湖西(こせい)に対する。琵琶(びわ)湖東岸から鈴鹿(すずか)山脈にかけての地域をさす。ほぼ彦根(ひこね)市・近江八幡(おうみはちまん)市・東近江(ひがしおうみ)市と犬上(いぬかみ)郡3町・愛知(えち)郡1町・蒲生(がもう)郡2町にあたり、県南の甲賀(こうか)市の一部を含める場合もある。湖東平野は古くから肥沃(ひよく)な稲作地帯。彦根は江戸前期からの城下町、近江八幡は織豊(しょくほう)期の城下町でのち町人町として発展、その他の市町村からも近江商人を多数輩出した。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湖東
ことう

滋賀県東部、愛知(えち)郡にあった旧町名(湖東町(ちょう))。現在は東近江(おうみ)市の中北部を占める地域。旧湖東町は、1954年(昭和29)東押立(おしたて)、西押立、豊椋(とよくら)の3村が合併して町制施行。2005年(平成17)八日市(ようかいち)市および神崎(かんざき)郡永源寺(えいげんじ)、五個荘(ごかしょう)、愛知郡愛東(あいとう)の3町と合併して東近江市となった。旧町名は湖東平野に位置することと、1948年に3村による組合立湖東中学の名が浸透したことによる。東部の鈴鹿(すずか)山脈と愛知川の扇状地が地域の大部分を占め、農業用水に乏しかったが、近年改良が進んでいる。米作のほかに和牛飼育、麻織物、梵鐘(ぼんしょう)鋳造などがみられる。国指定重要文化財に春日(かすが)神社や押立神社の本殿があり、花沢地区のハナノキ(カエデの一種)は国指定天然記念物で樹齢400年といわれる。旧国民学校校舎を利用した湖東歴史民俗資料館の建物は国の登録文化財となっている。[高橋誠一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

湖東の関連キーワード滋賀県東近江市北菩提寺町滋賀県愛知郡愛荘町都市公園湖岸緑地湖東県立自然公園近江八幡[市]東近江[市]愛知川[町]バッファロー湖東カレッジ菱沢孫右衛門近江鉄道本線五個荘[町]ナイバシャ湖東[町]秦荘[町]野洲[町]ゴラン高原多賀[町]湖東製作所カルナイム

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湖東の関連情報