湖東(読み)ことう

日本大百科全書(ニッポニカ)「湖東」の解説

湖東
ことう

滋賀県東部、愛知郡(えちぐん)にあった旧町名(湖東町(ちょう))。現在は東近江(おうみ)市の中北部を占める地域。旧湖東町は、1954年(昭和29)東押立(おしたて)、西押立、豊椋(とよくら)の3村が合併して町制施行。2005年(平成17)八日市(ようかいち)市および神崎(かんざき)郡永源寺(えいげんじ)、五個荘(ごかしょう)、愛知郡愛東(あいとう)の3町と合併して東近江市となった。旧町名は湖東平野に位置することと、1948年に3村による組合立湖東中学の名が浸透したことによる。東部の鈴鹿(すずか)山脈と愛知川の扇状地が地域の大部分を占め、農業用水に乏しかったが、近年改良が進んでいる。米作のほかに和牛飼育、麻織物、梵鐘(ぼんしょう)鋳造などがみられる。国指定重要文化財に春日神社(かすがじんじゃ)や押立神社の本殿があり、花沢地区のハナノキ(カエデの一種)は国指定天然記念物で樹齢400年といわれる。旧国民学校校舎を利用した湖東歴史民俗資料館の建物は国の登録文化財となっている。

高橋誠一

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「湖東」の解説

湖東
ことう

滋賀県南東部,東近江市北部の旧町域。愛知川中流右岸にある。 1954年東押立村,西押立村,豊椋村の3村が合体し町制。 2005年八日市市,永源寺町,五個荘町,愛東町の1市3町と合体して東近江市となった。大部分は平野で,米作を主とし,県内有数の種鶏場がある。近江牛の飼育も行なわれる。工業はプレハブ製造,製麻。長 (おさ) の梵鐘鋳造は有名。押立神社や春日神社,善明寺がある。南花沢,北花沢のハナノキはともに国の天然記念物。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報