コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秩父人形 ちちぶにんぎょう

1件 の用語解説(秩父人形の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちちぶにんぎょう【秩父人形】

埼玉県秩父地方には7ヵ所の人形芝居が知られ,三人遣い,二人遣い串人形,一人遣い指人形と形式も多い。そのうちの横瀬村横瀬の人形を〈秩父人形〉と称した。〈横瀬袱紗(ふくさ)人形〉ともいう。この人形芝居は明治維新直前ごろ同村出身の説経節薩摩佐登太夫が創始した。右手を背中から差し込み,人差指と中指でかしらを挟む指人形で,全長は60cmほど。左手で衣装の裾を袱紗のようにさばく。舞台は回り機構をもつ豪華なもので,《小栗判官実道記(おぐりはんがんじつどうき)》など10数曲ある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

秩父人形の関連キーワード人形劇武甲山秩父秩父青石秩父絹秩父三十三所秩父縞人形芝居ちちぶ結城孫三郎(初代)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秩父人形の関連情報