コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かしら カシラ

デジタル大辞泉の解説

かしら[副助・終助]

《「かしらん」の音変化》
[副助](「なに」「だれ」「どこ」などの疑問語に付いて)不定のものをいう意を表す。「どこかしらへ行ってしまった」「なにかしらむつかしいことを言っていた」
[終助]
口調を和らげ、不審・疑問の気持ちを表す。かな。
㋐自分自身に対して問いかける。「あら、雨が降ってきたのかしら」「午後は何をしようかしら
㋑相手に対して問いかける。「ご都合はいかがかしら
打消しの助動詞「ない」「ん(ぬ)」のあとに付けて、願望・依頼の意を表す。「わたしも連れていってくれないかしら」「お世話願えませんかしら
[補説]現代では、多く女性が用いる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かしら

〔「か知らぬ」の変化した「かしらん」の転。近世江戸語以降の語。現代語では、女性の話し言葉に用いられる〕
( 副助 )
「なに」「だれ」「どこ」など、疑問詞に付いて、不定のものをいう場合に用いる。 「なに-、おばけのようなものが見えたの」 「なんていうの-、結局、こちらの気持ちしだいね」
( 終助 )
文末にあって、体言またはそれに準ずるもの、活用語の連体形などに接続する。
自分自身または相手に対して、軽い疑問や不審の意を表す。 「あした、お天気になる-」 「あんなことしていいの-」
相手に対して質問の意を表す。 「あなた、どなたでした-」 「デパートは九時にあきます-」
自分を軽く促したり、また相手に同意を求めたりする気持ちを表す。 「電車で行こう-」 「もう少し待ってみよう-」
打ち消しの語に付いて、
願望や勧誘の意を表す。 「早く春にならない-」 「ちょっと手伝ってくれない-」
危ぶむ気持ちを表す。 「失敗しない-」 「こんなことをしてはいけません-」 〔江戸語では「かしらぬ」「かしらん」の形で用いられることが多いが、時には「かしら」の形も見られる。「何-ちつとは能の有るものだ/滑稽本・八笑人」〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のかしらの言及

【頭】より

…〈さらし首〉〈首を斬る〉などの表現にみられるように,首から上の部分という意味で,頭のことを〈首〉ということもある。〈かしら〉〈こうべ〉などの語も同じ内容で使われる。高等な動物ほど脳を収容する脳頭蓋の発達が著しいため,狭義には,顔面や下あごを除いて脳頭蓋をおさめた後上部だけを頭と呼ぶことも多い。…

※「かしら」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

かしらの関連キーワード烏の頭白く,馬角を生ず井の頭恩賜公園バトラーシェフ俚び心助動詞打消し頭首口調木頭鬼若頭物頭株柱貫発頭鶏口元凶裹頭糸雛酋長

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かしらの関連情報