コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三浦義明 ミウラヨシアキ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三浦義明 みうら-よしあき

1092-1180 平安時代後期の武将。
寛治(かんじ)6年生まれ。三浦義継(よしつぐ)の子。相模(さがみ)(神奈川県)三浦荘を本拠とし,三浦大介(おおすけ)を称した。治承(じしょう)4年源頼朝の挙兵に子の義澄らを派遣したが,石橋山の敗戦をきいて衣笠(きぬがさ)城に籠城,平家方についていた畠山重忠らの来襲をうけた。一族を脱出させてひとり城にとどまり,同年8月27日討ち死に。89歳。
【格言など】われ源家累代の家人として幸いにその貴種再興のときに逢うなり(「吾妻鏡」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

三浦義明

没年:治承4.8.27(1180.9.18)
生年:寛治6(1092)
平安末期の武士。相模国(神奈川県)出身。義継の子。相模国の在庁官人として雑事・検断に従事し,三浦大介を称す。源義朝の家人として大庭御厨乱入事件にも加わり,娘は義朝との間に義平をもうけている。治承4(1180)年,源頼朝挙兵に加わるべく子の義澄らを遣わしたが,間に合わず,その帰路にいったんは討ち破った畠山重忠率いる武蔵の大軍に居城衣笠城(横須賀市)を襲われた。義明は「われ源家累代の家人として幸いに貴種再興のときに逢うなり」と語り,一族を逃がして頼朝のもとへ向かわせ,ひとり89歳の老命を投じた。義明の存在なしには頼朝の挙兵,その後の政権樹立はありえなかったといっても過言ではない。

(高橋秀樹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

みうらよしあき【三浦義明】

1092~1180) 平安末期の武士。相模三浦の人。大介と称す。頼朝の挙兵に応じたが平家方の畠山重忠に三浦衣笠城を包囲され、子の義澄らを脱出させて戦死。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三浦義明
みうらよしあき
(1092―1180)

平安後期の武将。義次(よしつぐ)(継)の子。三浦大介(おおすけ)を名のり、以後三浦氏の嫡流は三浦介を称した。1180年(治承4)頼朝(よりとも)の挙兵に呼応し、石橋山の戦いに子の義澄(よしずみ)らを遣わしてたすけたが、畠山重忠(はたけやましげただ)、河越重頼(かわごえしげより)、江戸重長(えどしげなが)らに本拠衣笠(きぬがさ)城(神奈川県横須賀市)を攻められて落城。89歳の義明は、老命を頼朝のために捨てて子孫の勲功を募りたいといって、義澄ら一族を頼朝のもとに赴かせ、ひとり城にとどまって最期を遂げた。源氏再興のために忠誠を尽くした雄将である。[三浦勝男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

三浦義明の関連キーワード神奈川県横須賀市大矢部横須賀(市)三浦義澄三浦時高金子親範金子家忠畠山重能三浦義連蘆名盛氏長江義景和田義盛三浦義継秩父重弘河越重頼岡崎城源義平蘆名氏没年大介

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android