コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源義平 みなもとのよしひら

8件 の用語解説(源義平の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

源義平
みなもとのよしひら

[生]永治1(1141)
[没]永暦1(1160).1.19. 京都
平安時代後期の武士。義朝の長子。母は橋本の遊女とも修理大夫範兼の娘ともいう。鎌倉悪源太といわれた。久寿2 (1155) 年叔父源義賢と武蔵大倉で戦ってこれを殺し武名をあげた。平治の乱には父に従い,摂津で平清盛の帰洛を迎え討とうと主張したがいれられず,戦いに敗れて近江辺を転々としていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みなもと‐の‐よしひら【源義平】

[1141~1160]平安末期の武将。義朝の長男。15歳で叔父義賢を倒して武名をあげ、悪源太と称された。平治の乱で父義朝に従って奮戦、敗れて美濃に逃れた。父の死後、京都に潜入して平清盛をねらったが、捕らえられて斬(き)られた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

源義平【みなもとのよしひら】

平安末期の武将。義朝の長男。通称悪源太(あくげんた)。平治の乱に父に従って奮戦したが敗れ,父の死後京都に潜入し平清盛をねらったが,捕らえられて殺された。
→関連項目平治物語源義仲

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源義平 みなもとの-よしひら

1141-1160 平安時代後期の武将。
永治(えいじ)元年生まれ。源義朝(よしとも)の長男。叔父の源義賢(よしかた)を攻め殺し,悪源太と称された。平治(へいじ)の乱で父にしたがい,一族とともに敗走。美濃(みの)(岐阜県)青墓で父とわかれ,再挙のため北陸にむかう。父の死後京都にもどって平清盛をねらい,捕らえられて永暦(えいりゃく)元年1月19日処刑された。20歳。
【格言など】終(つい)には必ず雷と成りて蹴殺さんずるぞ(「平治物語」処刑にのぞんで)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

源義平

没年:永暦1.1.19(1160.2.27)
生年:永治1(1141)
平安後期の武士。源義朝の長男。母は三浦義明の娘。鳥羽上皇に登用されて中央に進出した義朝のあとをうけて鎌倉を本拠に活動。久寿2(1155)年8月18日,叔父の義賢(木曾義仲の父)を武蔵国大蔵館に攻め殺し,「鎌倉悪源太」と呼ばれるようになった。平治の乱には上洛して義朝に従い,奮戦の様子は『平治物語』によって広く知られている。敗戦ののち,再挙を期して北国に向かったが,義朝の死を聞いて都に潜入。平家一門の要人に対するテロを企てたが,機を得ないうちに平家の家人難波経遠にとらえられ,京都の六条河原で斬首された。<参考文献>上横手雅敬「院政期の源氏」(『御家人制の研究』)

(野口実)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みなもとのよしひら【源義平】

1141‐60(永治1‐永暦1)
平安末期の武将。源義朝の長子,頼朝の兄。鎌倉悪源太,悪源太と呼ばれた。1155年(久寿2)叔父義賢(よしかた)(源義仲の父)を武蔵に殺害。平治の乱(1159)に際して上洛,父に従って勇戦したが六波羅の戦で敗退し,東国に逃れた。翌年1月父の死を聞き上洛して平清盛を討とうとしたが,平氏家人難波経房に捕らえられ,1月19日(21日また22日,25日ともいう)六条河原で経房によって斬られた。
[伝承]
 《平治物語》《尊卑分脈》によれば,義平は斬首にあたり〈雷神となって経房以下の怨敵を伐たん〉と述べたといわれ,斬られるやその死骸が自分の首を左脇に抱えこんで伏し,首を取ろうとしても身から離すことができなかったという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みなもとのよしひら【源義平】

1141~1160) 平安末期の武将。義朝の長男。一五歳の時合戦で叔父の義賢を殺して武名をあげ、悪源太と称された。平治の乱には父に従ったが、敗れて美濃に逃れ、のち再び入京、平清盛らを討とうとして斬られた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

源義平
みなもとのよしひら
(1141―1160)

平安後期の武将。義朝(よしとも)の長子、頼朝(よりとも)の兄。1155年(久寿2)叔父義賢(よしかた)(木曽義仲(きそよしなか)の父)を武蔵(むさし)国大倉(埼玉県比企(ひき)郡嵐山(らんざん)町)で討った。鎌倉悪源太(あくげんた)といわれる。保元(ほうげん)の乱(1156)に戦功のあった義朝は、父為義(ためよし)らを殺されるなど戦後処理に不満をもっていた。一方、当時の実力者信西(しんぜい)入道(藤原通憲(みちのり))に出世の道を阻止された藤原信頼(のぶより)は、義朝を誘って信西を滅ぼす機会をねらっていた。59年(平治1)12月、信西の武力的後援者平清盛(きよもり)一族の京都留守を機にクーデターを決行した。義平も父に従って勇戦、熊野(くまの)から引き返す平氏軍を摂津阿倍野(あべの)(大阪市阿倍野区)で迎え討とうと主張したが、信頼の反対にあった。戦況は利なく、京都六条(ろくじょう)河原で敗れ、父は尾張(おわり)で殺された。美濃(みの)まで逃れた義平は、父の死を聞いて京に引き返し清盛を討たんとねらったが、平氏の家人(けにん)難波経房(なんばつねふさ)に捕らえられ、永暦(えいりゃく)元年正月19日六条河原で斬(き)られた。斬られるとき経房に、「雷となって汝(なんじ)を殺さん」といい、そのとおり経房はのち雷にうたれて死んだ、という伝説がある。[田辺久子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

源義平の関連キーワード平広常三浦義明大内義信岡崎義実金子家忠昌俊千葉常安中村宗平源希義源義高

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone