コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稀勢の里寛 きせのさと ゆたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稀勢の里寛 きせのさと-ゆたか

1986- 平成時代の力士。
昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関脇。24年1月大関に昇進。得意手は左四つ,突き,押し。茨城県出身。本名は萩原寛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

きせのさと‐ゆたか【稀勢の里寛】

[1986~ ]力士。第72代横綱。茨城県出身。本名、萩原寛。平成29年(2017)横綱に昇進。→第71代横綱鶴竜(かくりゅう)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

稀勢の里寛

田子ノ浦部屋所属の大相撲の力士。1986年7月3日生まれ、茨城県出身で、本名は萩原寛。身長187センチメートル、体重175キログラム。2002年、鳴戸俊英親方(元横綱隆の里)の鳴戸部屋(千葉県松戸市)へ入門し、同年春場所に初土俵を踏む。04年一月場所で、17歳6カ月での幕下優勝を果たし、貴花田(後の横綱貴乃花)、富樫(後の横綱柏戸)に次ぐ歴代3位の若年記録を樹立した。同年十一月場所において18歳3カ月で幕内昇進し、貴花田に次ぐ若年記録歴代2位を記録した。また同場所より、しこ名を「萩原」から「稀勢の里」へ改名する。06年の七月場所で小結に昇進し、09年の三月場所で関脇に昇進を果たす。10年の十一月場所では、連勝中の横綱白鵬に勝利し、連勝記録を63でストップさせた。12年の一月場所で大関に昇進。16年、優勝ゼロの力士で大相撲史上初めて年間最多勝を獲得した。17年の一月場所で初めての優勝を達成、大関昇進後31場所での優勝は歴代で最も遅い記録となった。17年1月23日、日本相撲協会の諮問機関である横綱審議委員会(横審)に横綱に推薦され、同25日、日本相撲協会理事会で承認され、72代横綱となった。日本出身の横綱は3代目若乃花以来19年ぶりとなる。

(2017-1-24)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

稀勢の里寛の関連キーワードジャーマン今西祐行灰谷健次郎アイゼンマン木村敏桑原史成新藤兼人彗星・小惑星探査機スペースシャトル中川李枝子

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

稀勢の里寛の関連情報