コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稀音家幸 きねや こう

1件 の用語解説(稀音家幸の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稀音家幸 きねや-こう

1901-1985 大正-昭和時代の長唄三味線方。
明治34年4月16日生まれ。2代稀音家浄観(じょうかん)の長女。3歳のころから父に長唄をならう。昭和8年稀音会の主宰者となり,21年吉住小梅とともに梅倖会(54年解散)を組織する。女浄観と称された。昭和60年1月8日死去。83歳。東京出身。本名は遠藤久(ひさ)。別名は幸子(さちこ)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

稀音家幸の関連キーワード朝鮮映画皮革工業指紋押捺制度世界女性会議正岡子規グロムイコ角閃石黒雲母花崗岩有村明松本典子セラミック・ターボチャジャー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone