稚足姫皇女(読み)わかたらしひめのおうじょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稚足姫皇女 わかたらしひめのおうじょ

記・紀にみえる雄略天皇皇女
母は葛城円(かつらぎの-つぶら)大臣の娘韓媛(からひめ)。伊勢神宮の斎宮となったが,雄略天皇3年阿閉国見(あえの-くにみ)の讒言(ざんげん)のため自害したという。別名に栲幡姫(たくはたひめの)皇女。「古事記」では若帯比売命。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android