コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稚足姫皇女 わかたらしひめのおうじょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稚足姫皇女 わかたらしひめのおうじょ

記・紀にみえる雄略天皇皇女
母は葛城円(かつらぎの-つぶら)大臣の娘韓媛(からひめ)。伊勢神宮の斎宮となったが,雄略天皇3年阿閉国見(あえの-くにみ)の讒言(ざんげん)のため自害したという。別名に栲幡姫(たくはたひめの)皇女。「古事記」では若帯比売命。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

稚足姫皇女の関連キーワード葛城韓媛

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android