コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

種性 シュショウ

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐しょう〔‐シヤウ〕【種性】

仏語。修行する人の素質悟りを開く種となる素質。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅしょう【種性】

〘仏〙 〔「種」は種子、「性」は性分の意〕 悟りを開く素質。また、生まれつき。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

種性の関連キーワード挫滅症候群(圧挫症候群/クラッシュ・シンドローム)無フィブリノーゲン血症/フィブリノーゲン低下症血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)播種性血管内凝固症候群(DIC)老化にともなう血液の病気と症状腎症候性出血熱(流行性出血熱)子どもの血液の病気の特徴と対策子どもの播種性血管内凝固症候群老化(加齢)するということ常位胎盤早期剥離(早剥)劇症型A群溶連菌感染症ヘテロジェナイティー急速進行性腎炎症候群住宅性能保証制度肺水腫とARDS血管内凝固症候群羊水塞栓(症)帽状腱膜下出血エンジンオイルエボラ出血熱

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

種性の関連情報