コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

邪見 じゃけんmithyā-dṛṣṭi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

邪見
じゃけん
mithyā-dṛṣṭi

仏教用語。サンスクリット語で悪しき見解という意味。仏教では見という語をしばしば特に誤った見解の意味に使い,根本煩悩の一つに数える。これに薩迦耶見,辺執見,邪見,見取見,戒禁取見の5つ (五見) があり,いずれも誤った見解であるが,特に因果の道理を否定する見解はいちばん悪質なので,それを邪見という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じゃ‐けん【邪見】

[名・形動]
よこしまな見方・考え方。不正な心。
仏語。因果の道理を無視する誤った考え方。五見・十惑の一。
邪険」に同じ。
「―に蹴る」〈露伴付焼刃

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゃけん【邪見】

〘仏〙 五見・十惑の一。因果の理法を否定する誤った考え。
正しくない見解。よこしまな考え。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

邪見の関連キーワード地獄(宗教)邪険・邪慳十重禁戒後五百年無生法忍後五百歳無明の酒十悪業道雲仙温泉焦熱地獄摧邪輪蛇・邪三階教等しむ理法神道浄蔵暴悪法輪三道

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android