コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

種数 しゅすうgenus

翻訳|genus

1件 の用語解説(種数の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しゅすう【種数 genus】

粘土の塊の表面は球面と同相であるが,それに指を通してn個の穴を開ければ(図1),その表面は浮輪の形をした曲面(トーラス)をn個連結した曲面(図2)と同相になる。向きがつけられる閉曲面は球面かまたはこれらの曲面のいずれかに同相で,穴の個数が異なれば同相にならない。このように穴の個数は,向きがつけられる閉曲面を位相的に完全に分類するたいせつな数で,向きがつけられる閉曲面の種数,または示性数と呼ばれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の種数の言及

【位相幾何学】より

g個の穴のあいたビスケットの表面といってもよい(図3-b)。gを閉曲面の種数genusと呼ぶ。(曲面の種数)=1-1/2(オイラー標数)であり,したがって種数も曲面の位相不変量である。…

※「種数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

種数の関連情報