コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

射影平面 しゃえいへいめん projective plane

3件 の用語解説(射影平面の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

射影平面
しゃえいへいめん
projective plane

射影空間における平面,すなわち射影空間の2次元部分空間をいう。射影座標 (斉次座標 ) を用いれば,3次元射影空間射影平面は1つの斉次1次方程式で表わされ,n 次元射影空間の平面は,n-2 個の斉次1次方程式の組で表わされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しゃえいへいめん【射影平面 projective plane】

1平面をとり,その上の各直線lに対し無限遠点と呼ぶ1点lを想像する。そして直線lmが平行ならばlmとし,そうでなければlmとする。平面にこれらすべての無限遠点をつけ加えたものを射影平面という。平面に接する球をとり,接点をT,球の中心をoとして,平面上の各点pにはpoを結ぶ直線が球面と交わる2点p′,p″を対応させ,また,Tを通る直線l上の無限遠点lにはoを通りlに平行な直線が球面と交わる2点llを対応させる(図1)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

射影平面
しゃえいへいめん

無限遠直線を付加した数学的平面をいう。射影平面は、位相的側面と、解析的側面から考察することができる。一つの線分を紐(ひも)と考え、丸めて両端を重ねれば円のように閉じる。数学のことばでは、線分の両端点を同一視すれば円と位相同形になるという。同様にの(1)のような四角形は辺ABとDCを同一視すればの(2)の円柱面と位相同形になる。数学ではこのように、一つの点集合のなかのいくつかの点どうしをある法則によって同一視して新しい集合をつくることが多い。球面上で一つの直径の両端点となっている2点を互いの直径対点という。球面上の点全体のつくる点集合を考え、直径対点どうしを同一視すれば新しい集合ができる(の(3))。この集合を射影平面または二次元射影空間という。この場合、射影平面の構成要素(これを点とよぶ)は同一視された(普通の意味の)2点である。
 次に、球面の赤道から南を切り捨ててしまうと、残った集合は赤道上だけQとQ′、RとR′のように直径対点が同一視されている半球面である(の(4))。このような集合も射影平面(の一つの表現)である。この場合、北半球でQの近くの点は当然Q′に近い。この射影平面をさらに変形する。この半球を平面上に伏せて真上から平面上に正射影する。この一対一対応で平面上にできる集合は円盤(円の周も含めた内部)で、円盤上の点全体のつくる集合は、その縁(ふち)の円周上では直径対点を同一視するという条件のもとで、また射影平面の一つの表現である。の(5)でQ、R、Q′、R′の囲む帯状の部分はQRがQ′R′に逆さに同一視されているのでメビウスの帯と位相同形である。このように射影平面はメビウスの帯を一部分として含むことから不可符号(向きづけ不可能な曲面)であることがわかる。xy平面から出発した射影平面の解析的構成法を述べる。点(x, y)に対して

なる数X、Y、Zを対応させ、(X, Y, Z)を点(x, y)の斉次(せいじ)座標とよぶ。X:Y:Z=X′:Y′:Z′なる(X′, Y′, Z′)も同1点の斉次座標となるから、斉次座標は比例因子を除いて定まる。いま記号(X, Y, 0)(X、Yは同時にはゼロでないとする)と記号(X′, Y′, 0)はX:Y=X′:Y′なるとき同一視し、これらを点の仲間に入れて無限遠点とよぶことにする。もちろんこれらの新しい点はxy平面上には存在しない。X、Y、Zの一次方程式
  (1)  aX+bY+cZ=0
を満たす点全体の集合を射影直線とよぶ。Z≠0なる(1)の解は
  (2)  ax+by+c=0
を満たす点の全体であるから、xy平面上の直線である。Z=0なる(1)の解は(X, Y, Z)=(b, -a, 0)なる無限遠点である。したがって、射影直線とはxy平面上の直線に一つの無限遠点を付加したものである。(2)に平行な直線はax+by+c′=0の形なので、これら平行2直線は無限遠点(b, -a, 0)で交わることがわかる。無限遠点の全体は一つの射影直線をつくる。これを無限遠直線とよぶ。xy平面に無限遠直線を付加した点集合は、距離の概念を無視して位相的に変形すれば、先に述べた射影平面になる。一般にn次元数空間の点(x1, x2,……, xn)に対して

と置いて(X1, X2,……, Xn, X0)を斉次座標とよべば、n=2の場合と同様にしてn次元射影空間が構成される。[立花俊一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の射影平面の言及

【射影幾何学】より

…このようにすれば,点Oからの中心射影で,m上の点は上の無限遠点にうつり,上の無限遠点はn上の点にうつって,上の点と上の点が1対1に対応し,また上の直線と上の直線が1対1に対応する。のように平面にその上の無限遠点をつけ加えたものを射影平面といい,上で述べたからの上への1対1対応を点Oからの配景対応という。平面α,βとこれらに平行でない直線lが与えられたとき,α上の点Pに対し,その点を通りlに平行な直線がβと交わる点Qを対応させる対応(平行射影)を考えても,上の点,直線と上の点,直線に関し上と同様のことがいえる。…

【無限遠点】より

Cに含まれる対心点の組に応ずるα上の点はないが,{P,P*}がTを通る大円に沿ってC上の対心点の組に近づけばQはこの大円の面とαとの交わりである直線上をTからどんどん遠くへ離れていく(図2)。それでTを通る各直線lに対し,その上の無限の遠くに新しい1点lをつくり,この点がlと平行なSの直径の両端であるC上の対心点の組に対応するとすれば,すべてのlを含めたαはS上の対心点の組全体の集合,したがってS上の対心点のおのおのをはり合わせてできる曲面(これを射影平面という)と同一視でき,閉じた面となる。llの方向の無限遠点と呼び,すべての方向の無限遠点は新しい一つの直線をつくると考えて,これを無限遠直線と呼ぶ。…

※「射影平面」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

射影平面の関連キーワード射影合同変換垂線垂直包絡線無限遠点面角鉛直半直線平面

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone