種銭(読み)たねせん

精選版 日本国語大辞典「種銭」の解説

たね‐せん【種銭】

〘名〙
を鋳る時、鋳型(いがた)を作るために用いる銭の模型母銭(ぼせん)
※雑俳・柳多留‐一五(1780)「たねせんが関東方に残るなり」
② お金をためようとするとき、そのもととなる銭。
※金(1926)〈宮嶋資夫〉二一「老人に必要なのは〈略〉バクチの種銭(タネセン)が毎日入って来ることである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「種銭」の解説

たね‐せん【種銭】

銭を造るとき、型の模型となる銭。
金をためるときのもとにする金銭

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android