コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲垣史生 いながき しせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲垣史生 いながき-しせい

1912-1996 昭和後期-平成時代の時代考証家。
明治45年5月12日生まれ。「都新聞」(現「東京新聞」)記者,雑誌編集者などをつとめる。昭和37年歴史小説「花の御所」でオール読物新人賞。のち「竜馬がゆく」「(もみ)ノ木は残った」などのテレビドラマや映画の時代考証を担当した。平成8年2月27日死去。83歳。富山県出身。早大卒。本名は秀忠著作に「時代考証事典」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

稲垣史生の関連キーワードいろは四十八組大前田英五郎白州(法廷)杉浦日向子ラシャメン下男・下女妲妃のお百日本左衛門曲垣平九郎御尋ね者稲葉小僧熊坂長範御鈴廊下ざくろ口追いはぎ鶤鶏駕籠高橋お伝向坂甚内御部屋様太刀持ち

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

稲垣史生の関連情報