コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲掛棟隆 いながけ むねたか

2件 の用語解説(稲掛棟隆の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

稲掛棟隆

江戸中・後期の国学者。伊勢松坂生。本居大平の実父。本姓は山口、通称什介、号は棟庵・悦可、姓は稲懸・稲垣とも。伊勢松坂で豆腐業田丸屋をいとなみ、武者小路実岳本居宣長にまなぶ。寛政12年(1800)歿、71才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲掛棟隆 いながけ-むねたか

1730-1800 江戸時代中期-後期の国学者。
享保(きょうほう)15年1月19日生まれ。本居大平(もとおり-おおひら)の父。伊勢(いせ)(三重県)松坂で豆腐業田丸屋をいとなみ,本居宣長(のりなが)にまなぶ。音韻書「三集類韻」をあらわす。家集に「棟隆詠草」。寛政12年4月7日死去。71歳。本姓は山口。通称は什介。号は棟庵,悦可。姓は稲懸,稲垣とも。名は別に為昭。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

稲掛棟隆の関連キーワード祇尹三鍼千柄菊旦長万年樗雲徳純鳥飼野人丹羽雲気山彦二朝柳枝

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone