コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲掛棟隆 いながけ むねたか

美術人名辞典の解説

稲掛棟隆

江戸中・後期の国学者。伊勢松坂生。本居大平の実父。本姓は山口、通称什介、号は棟庵・悦可、姓は稲懸・稲垣とも。伊勢松坂で豆腐業田丸屋をいとなみ、武者小路実岳本居宣長にまなぶ。寛政12年(1800)歿、71才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲掛棟隆 いながけ-むねたか

1730-1800 江戸時代中期-後期の国学者。
享保(きょうほう)15年1月19日生まれ。本居大平(もとおり-おおひら)の父。伊勢(いせ)(三重県)松坂で豆腐業田丸屋をいとなみ,本居宣長(のりなが)にまなぶ。音韻書「三集類韻」をあらわす。家集に「棟隆詠草」。寛政12年4月7日死去。71歳。本姓は山口。通称は什介。号は棟庵,悦可。姓は稲懸,稲垣とも。名は別に為昭。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

稲掛棟隆の関連キーワード須賀直見稲垣棟庵

今日のキーワード

フェイクニュース大賞

第45代米国大統領のドナルド・トランプが、自らについての報道の中で事実と異なる不公平な報道をしたと主張する、2017年のニュースに贈った賞。18年1月17日に自身のTwitterで発表し、共和党のウェ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android