稲村ケ崎(読み)いなむらがさき

精選版 日本国語大辞典の解説

いなむら‐が‐さき【稲村ケ崎】

神奈川県鎌倉市の海岸にあり、由比ケ浜七里ケ浜を分ける岬。かつては干潮を利用して渡り歩く交通の難所として知られた。元弘三年(一三三三)新田義貞が海中に太刀を投じて干潮を海神に祈り、鎌倉に攻め入った話は有名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android