コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲村三羽 いなむら みつは

美術人名辞典の解説

稲村三羽

江戸後期の武士・歌人・国学者。江戸生。通称増五郎・松五郎、号は松園。幕府の御膳所御台所人組頭格を務める。はじめ亜元、のち香川景樹に和歌を学ぶ。弘化3年(1846)歿、50才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲村三羽 いなむら-みつは

1797-1846 江戸時代後期の武士,歌人。
寛政9年生まれ。幕臣。御膳所(ぜんしょ)台所人組頭格。江戸築地にすみ,和歌を本願寺の僧亜元(あげん)にまなんだ。弘化(こうか)3年死去。50歳。通称は増五郎,松五郎。号は松園。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例