コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲生ちか いのう ちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲生ちか いのう-ちか

1813-1861 江戸時代後期の女性。
文化10年11月23日生まれ。尾張(おわり)亀崎村(愛知県半田市)の稲生治右衛門の娘。村医間崎謙三に嫁し,親孝行と貞節で知られ,名古屋藩の家老成瀬氏から賞された。文久元年4月死去。49歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

稲生ちかの関連キーワードペグマタイト炭酸塩岩脈文久サルデーニャ王国ドストエフスキーオセアニア史(年表)アドネドンケル=クルティウスフォーチュンドゥーフ

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android