コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲畑勝太郎 いなはた かつたろう

2件 の用語解説(稲畑勝太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲畑勝太郎 いなはた-かつたろう

1862-1949 明治-昭和時代の実業家。
文久2年10月30日生まれ。京都師範在学中の明治10年フランスに留学,染色をまなぶ。23年生地京都に稲畑染料店(現稲畑産業)を開業。のち大阪に進出して,軍服用カーキ色染めを創案する。大正5年日本染料製造の創立にくわわり,15年社長。活動写真を輸入し,明治30年大阪で初公開した。大阪商業会議所会頭。貴族院議員。昭和24年3月29日死去。88歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

稲畑勝太郎

没年:昭和24.3.29(1949)
生年:文久2.10.30(1862.12.21)
大正・昭和前期の経営者。大正7(1918)年から昭和12(1937)年まで染料(薬品)商社,稲畑商店(1890年創業の稲畑染料店が源流。1918年株式会社化)の社長。昭和1年から12年まで,日本染料製造株式会社の社長を兼ね,染料・染色業界の中心人物として活躍した。また,大正11年より昭和9年まで,大阪商業会議所(昭和3年より商工会議所)会頭。明治10年から18年まで京都府よりフランスに派遣されて以来の親仏家で,昭和1年,日仏文化協会の設立,その後の活動に尽力した。<参考文献>高梨光司『稲畑勝太郎君伝』

(谷口豊)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

稲畑勝太郎の関連キーワード池田茂石田達郎一力次郎大谷登田中譲土屋興平井泰太郎参木録郎安田源右衛門安田善次郎(2代)

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone