稲野信濃(読み)いなの しなの

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲野信濃 いなの-しなの

?-? 江戸時代前期の本草家。
京都の薬種商。幕府の薬種目利役をつとめる。寛文6年(1666)長崎で清(しん)(中国)からの積み荷の漢薬を偽物とみやぶり,返送を命じた。元禄(げんろく)7年(1694)幕命により江戸で薬品の鑑定にあたった。阿部将翁(しょうおう)の門人という。著作に「真偽諸薬考」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android