コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穀草式 コクソウシキ

デジタル大辞泉の解説

こくそう‐しき〔コクサウ‐〕【穀草式】

農地をいくつかに区画し、穀物栽培と牧草作りとを数年ごとに交替で行う作付け方式。中世ヨーロッパで行われた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

穀草式の関連キーワード穀草式農業輪栽式農業ドイツ史混合農業近郊農業耕種方式農地輪作

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android