コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作付け方式(読み)サクヅケホウシキ

大辞林 第三版の解説

さくづけほうしき【作付け方式】

田畑の作付けの様式。土壌や作物の特性、労力の配分などによって決定される。代田式・休閑式・輪栽式など。耕種方式。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の作付け方式の言及

【作付け】より

…たとえば岩手県北の一戸町では,1960年ころは〈キャベツ,バレイショ―青刈りデントコーン―ダイズ〉の体系であったが,80年ころには野菜を主とした〈レタス―短根ニンジン―スイートコーン〉が多くなり,また同時代に同県軽米(かるまい)町では〈ヒエ―ムギ―ダイズ(間作)〉から,〈タバコ―ムギ―飼料用カブ,ソバ〉へと変化している。 農業の歴史についての記述などの中でしばしば用いられている〈作付け方式〉は,作付け体系と地力維持方式とを総合した土地利用の歴史的な発展段階を表す区分として用いられることが多い。代田(だいでん)式(開拓した土地に無肥料で作物を栽培し,地力が消耗するとそこを放棄してしまう最も原始的な作付け方式),主穀式(畑に穀物だけを作付け,地力回復のために3年に1回休閑する三圃(さんぽ)式などのような作付け方式。…

※「作付け方式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android