コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

積塔/石塔 シャクトウ

デジタル大辞泉の解説

しゃく‐とう〔‐タフ〕【積塔/石塔】

供養などのため、石を積んで塔の形にしたもの。せきとう。
積塔会(しゃくとうえ)」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の積塔/石塔の言及

【盲人】より

… 日本では14世紀に入ると平曲が琵琶法師の間に広く行き渡り,筑紫,明石,京の八坂,坂東などを根拠地とする琵琶法師集団によって後に〈当道(とうどう)〉と呼ばれる座が形成され,覚一の活躍した南北朝時代にその統一的な組織が確立した。この平曲の座は天夜尊(あまよのみこと)(仁明あるいは光孝天皇の皇子人康(さねやす)親王ともいう)を祖神とする由来を伝え,祖神にちなむ2月16日の積塔(しやくとう),6月19日の涼(すずみ)の塔に参集して祭祀を執行した。座内には総検校以下検校(けんぎよう),勾当(こうとう),座頭(ざとう)の階級があり,座衆は師匠の系譜によって一方(いちかた),城方(じようかた)の平曲2流に分かれていた。…

※「積塔/石塔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

積塔/石塔の関連キーワード積塔・石塔雨夜の尊積塔会灯台

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android