コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

積塔会 シャクトウエ

デジタル大辞泉の解説

しゃくとう‐え〔シヤクタフヱ〕【積塔会】

陰暦2月16日に、検校(けんぎょう)勾当(こうとう)座頭などの盲人が、京都高倉綾小路の清聚庵(せいじゅあん)に集まり、盲人の守り神である雨夜尊(あまよのみこと)を祭って酒宴を催し、平曲を語った法会。当日、勾当三人が四条河原に出て、石を積み重ねて雨夜尊を供養したところからの名。 春》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃくとうえ【積塔会】

陰暦2月16日、検校・勾当・座頭などが、京都高倉仏光寺上ルの清聚庵に集まり、当道の祖神である雨夜尊あまよのみことをまつって平曲を語った法会ほうえ。その後、東河原で石の塔を積み、雨夜尊に手向けるのでこの名がある。積塔。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報