コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

積層欠陥 せきそうけっかんstacking fault

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

積層欠陥
せきそうけっかん
stacking fault

積層不整ともいう。結晶は多数の二次元原子面 (→結晶の原子面 ) の積層でできているとみることができ,その積層関係は規則正しい。たとえば,結晶構造が面心立方格子の場合,1つの原子面Aを基準として,その上の原子面が原子間距離で 1/3 だけずれているとすれば,その上は 2/3 ,またその上は1,…というように規則正しくずれている。1だけずれたのは真上に重なったのと同じなので,この場合積層は ABCABC …という関係になる。これが食違って,たとえば ABACABC …となったとすれば,ABAC の部分は明らかに一つの格子欠陥で,これが積層欠陥である。実際の構造は簡単でないが,それが転位の作用で生じることはわかっており,また積層欠陥があると転位の運動を妨げるなど,転位との相互作用が固体物性のうえで重要な問題になっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

積層欠陥の関連キーワードマルテンサイト変態コットレル効果鈴木 秀次金属転位論回復

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android