コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

積率 せきりつmoment

翻訳|moment

世界大百科事典 第2版の解説

せきりつ【積率 moment】

モーメントともいう。統計学で度数分布や確率分布の散布の大きさを測り,分布を特徴づけるのに役だつ。変量X(例えば身長)を観測して度数分布(x1,f1),(x2,f2),……,(xn,fn)が得られたとき,ある一定の値aからの度数分布の変動の大きさを測るのに,rを正の整数として,なる量を考え,これをaのまわりのr次の積率と呼ぶ。a=0のときは単にr次の積率という。とくに一次の積率を平均値といい,平均値のまわりの二次の積率を分散という。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

積率
せきりつ

モーメント」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の積率の言及

【モーメント】より

…能率ともいう。図のように軽い棒の両端に重さがW1,W2の物体をつるし,中間で支えてつりあわせるには,l1W1l2W2となる点を支えることが必要である。このとき重力W1が棒を左へまわそうとする働きと,W2が棒を右へまわそうとする働きがつりあうからと考えられる。このことは,力Fが物体を回転させようとする働きが,力の大きさFだけでなく,支点と力の作用線(力が働いている点をとおり力の方向にひいた直線)の間の距離にも比例することを示す。…

※「積率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

積率の関連キーワード住宅地高度利用地区計画制度モーメント法(統計)形態規制[建築物]特例容積率適用地区特例容積率適用区域連担建築物設計制度カール ピアソンダウンゾーニング移転可能な開発権土地の高度利用建蔽率・建坪率総合設計制度都市再生特区住宅用地下室高度利用地区誘導容積制度ロビンソン建築基準法延べ床面積百川治兵衛

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android