コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

積率 せきりつ moment

翻訳|moment

2件 の用語解説(積率の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せきりつ【積率 moment】

モーメントともいう。統計学で度数分布確率分布の散布の大きさを測り,分布を特徴づけるのに役だつ。変量X(例えば身長)を観測して度数分布(x1,f1),(x2,f2),……,(xn,fn)が得られたとき,ある一定の値aからの度数分布の変動の大きさを測るのに,rを正の整数として,なる量を考え,これをaのまわりのr次の積率と呼ぶ。a=0のときは単にr次の積率という。とくに一次の積率を平均値といい,平均値のまわりの二次の積率を分散という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

積率
せきりつ

モーメント」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の積率の言及

【モーメント】より

…能率ともいう。図のように軽い棒の両端に重さがW1,W2の物体をつるし,中間で支えてつりあわせるには,l1W1l2W2となる点を支えることが必要である。このとき重力W1が棒を左へまわそうとする働きと,W2が棒を右へまわそうとする働きがつりあうからと考えられる。このことは,力Fが物体を回転させようとする働きが,力の大きさFだけでなく,支点と力の作用線(力が働いている点をとおり力の方向にひいた直線)の間の距離にも比例することを示す。…

※「積率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

積率の関連キーワード最頻値双極子モーメント力のモーメント非対称度累積度数分布曲げモーメント捩りモーメント統計分析コーシー度数分布モーメント法(統計)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

積率の関連情報