コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

積立実年長期傷害保険

1件 の用語解説(積立実年長期傷害保険の意味・用語解説を検索)

保険基礎用語集の解説

積立実年長期傷害保険

中高年層を主たる対象として、日常生活における傷害、賠償損害、携行品、救援者費用の損害に対し保険金を支払う積立型損害保険を指します。保険期間の途中で補償額を変更できる(契約時に設定)こと、また重度後遺障害に対しては後遺障害保険金を1.5倍に増額して支払うことに特徴があります。保険期間は10年〜20年の整数年となっています。満期返戻金を支払うほかに、中途返戻金を支払う特約もあります。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

積立実年長期傷害保険の関連キーワード雑貨校外指導主たる中高年生活情報番組NEAT積立生活総合保険夫婦ペア総合保険積立サンライズ傷害総合保険

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone